採用担当部長からのメッセージ

常勤理事総務部長
長井 政成

信用金庫は、中小企業や地域住民のための協同組織の金融機関であり、「相互扶助」を基本理念とし、株式会社として株主の利益を優先しなければならない銀行とは異なり、地域社会の利益を優先しています。
営業エリアも一定の地域に限定されており、地域社会の発展なくして信用金庫の発展はないとの考えに基づき、地域社会の一員として、さまざまな地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

高松信用金庫は、2019年に創立70周年を迎えました。
「われわれは郷土の すべての企業に繁栄を すべての家庭に幸福を もたらすために奉仕する」との経営理念のもと、地域のみなさまとともにこれまで歩み続けてきましたが、その理念は変えることなく、今後100年企業に向け新たなスタートを切りました。

高松信用金庫の営業エリアは香川県に限定されており、地元香川の発展を最大の使命として、日々活動を行っています。
「お客様に一番近い存在」の金融機関として、顧客のさまざまなニーズに応えるだけでなく、キャリスタ塾を中心とした女性の創業支援や、0~18歳の会員組織キッズクラブによる子育て支援などにも力を注ぎ、地域社会の活性化にも積極的に取り組んでいます。

就職活動は、みなさんの人生において一大イベントであり、最も大きな決断を求められる場面であります。新たな自分を発見する機会でもあり、できるだけ多くの業種・企業の説明会やインターンシップに積極的に参加してください。
また、自分だけでなく、家族の将来像もイメージして仕事を選択するのも大事ではないでしょうか。

『香川を愛する人が、香川のために全力で働ける場所』

高松信用金庫はまさにそういった職場です。
地元香川をより発展させたいという熱い気持ちを持ち、その目標に向かって積極的にチャレンジする人とともに仕事ができることを楽しみにしています。